フリーランスと青色申告の実務について

サラリーマンを卒業した人が、フリーランスとして活動することは珍しいことではなくなってきています。

そうした人たちは、青色申告を行えば、税務上の恩典に浴することができることも承知しており、活動開始と同時に所轄税務署へ申請書類を提出するのですが、その後については、悪戦苦闘している人が結構多く見られます。



青色申告は原則複式簿記ですから、その方法に慣れていないとうまくいかないこととが禍していると言えます。売上については、現金の入金があったときに計上すれば良いと思っている人が多いのですが、少なくとも売上計上基準に基づいて行うことや遅くても請求書発行時点では計上する必要があることを承知しておくことです。


その代り、売上を上げるために支出した経費は支出した時点で計上できますし、支払いが未だでも、支払金額が確定すれば未払金として計上することが可能です。フリーランスになる前に、経理の関係が一切なかったという人は、先輩のフリーランスで青色申告経験者に聞いたり、税務署に教えを乞えばいいのです。



一人で悶々としていて、誤った会計処理をしない方が、後での面倒がなくなります。減価償却の仕方でつまずく人も多いのですが、これも教えを乞えば難しいものではありません。
パソコンなどを取得した場合、10万円を超えるときは償却資産に計上し、耐用年数で経費化するということが苦手ということなのでしょうが、青色申告の場合は30万円未満であれば、その事業年度で全額を経費として扱えるということもありますので、それほど難しく考えなくてもいいのです。