フリーランスのための青色申告

フリーランスで活動する場合、青色申告を行うと多くのメリットがあります。


青色申告とは、原則として複式簿記方式で毎日の取引を帳簿に記載し、それに基づいて所得を申告する制度で、税務署に申請書を提出して、承認を受けることが条件になります。65万円が無条件で税の対象外となること、家族を専従者として雇用した場合はその給与は経費として認められること、その他に出張旅費や交際費なども必要経費として認められるので、フリーランスにとっては有り難い制度とも言えます。


ところが、それまで会計処理の経験がない人はどうしたら良いかが分からないまま、手続きをしないための、恩典を受けことができないでいることがあります。

市販の会計ソフトを使えば、割合簡単なのですが、それすらも難しく思えてしまうということもあります。



そうした場合は、先輩のフリーランスに教えを乞うのが一番ですが、それは避けたいという場合は、所轄の青色申告会に相談することです。



いずれ、最初の確定申告のときに、税務署に代わっていろいろ指導してくださるのですから、前もって教えてもらうことは全く問題ないというわけです。

場合によると、青色申告会が持っている会計ソフトを無料で提供してくれることもありますし、費目のインプットの仕方なども、懇切丁寧に教えてくれます。

その他にも、実務的な処理の仕方や注意事項もアドバイスしてくれますし、市販ソフトにインプットした内容が問題ないかなどもチェックしてくれます。



申告会に加入するかどうかは、後で考えれば良いことになっています。