フリーランスで健康的な仕事

プログラミングの面白さに魅了され、一生プログラマーとして活躍していきたいのなら、フリーランスになるという選択肢も出てきます。これまで会社勤めだった人が自営業を行なうというのはとても大きな不安を感じるものですが、会社員の時代には得ることができなかった充実感や報酬を得ることができます。



フリーランスと言うと、イメージとして若い方に関係することという認知がされやすいのですが、実は年齢を重ねた人ほど真剣に考えるべきことです。

年齢が高くなっていくと、突然リストラになるリスクが高まりますし、若年層との競争に打ち勝つことができる自信を持つのも難しいです。



そういった時、フリーランスだと自分のペースで仕事を進めていくことができます。しかも、会社の社員として働くわけではないので、スケジュールの管理も全て自分のさじ加減ということになります。つまり、プログラマーと言えば連日徹夜でプログラミングをするという認識が持たれているのですが、フリーランスなら規則正しい生活ができます。

どうしても納期などに追われてしまった時は、夜遅くまで作業するのではなく、朝早く起きて仕事ができるので健康的です。



当然、そのように仕事に注力した分だけ報酬額が多くなるので、経済的に余裕が生まれるようになります。もちろん、フリーランスならマイペースで業務が行えるということは、今後の人生で環境や待遇が悪い企業に入ってしまい、精神的に疲弊してしまうということもありません。