在宅でできるフリーランスの仕事

main-img

今まではどこかに勤めないと、仕事は成り立ちませんでした。



しかし、今ではネットの普及のおかげで在宅で仕事をすることが可能になっています。



フリーランスの仕事でも、在宅でできるものはあります。


例えばプログラマー、ライターやデザイナーなどは家に居ながらにして仕事をすることができます。
自分のスキルやセンスを生かすことができますし、少ない資金で開業することができます。


在庫リスクがほとんどないというのも大きなメリットです。

ただし、人脈がないと事業運営が困難です。



もし自力で仕事を探すのが難しい場合には、クラウドワーキングなどのサービスを利用するといいです。
仕事をしたいフリーランスと、仕事を頼みたい人の仲介役となるサービスで、うまく活用することで仕事を探しやすくなります。
また、もともと会社員として勤めていた経験がある人は、その時代の人脈も最大限活用するといいでしょう。


何のツテもない相手に営業を持ちかけたとしても、ほとんどの場合は門前払いされてしまいます。


なので、数年間は人脈つくりに時間をかけて、そこからフリーランスに転向するという方法もあります。
人脈を生かすことで、安定した受注を見込むことができます。また、人づてに新しい取引先を紹介してもらえる可能性もあります。
フリーランスとして働く場合、横のつながりは大切ですから人脈も大切にしましょう。


在宅で仕事をする場合、開業資金はパソコンや備品で大体25〜40万円くらい必要です。

驚く情報

subpage1

サラリーマンを卒業した人が、フリーランスとして活動することは珍しいことではなくなってきています。そうした人たちは、青色申告を行えば、税務上の恩典に浴することができることも承知しており、活動開始と同時に所轄税務署へ申請書類を提出するのですが、その後については、悪戦苦闘している人が結構多く見られます。...

more

情報分析

subpage2

フリーランスで活動する場合、青色申告を行うと多くのメリットがあります。青色申告とは、原則として複式簿記方式で毎日の取引を帳簿に記載し、それに基づいて所得を申告する制度で、税務署に申請書を提出して、承認を受けることが条件になります。...

more

関連情報

subpage3

プログラミングの面白さに魅了され、一生プログラマーとして活躍していきたいのなら、フリーランスになるという選択肢も出てきます。これまで会社勤めだった人が自営業を行なうというのはとても大きな不安を感じるものですが、会社員の時代には得ることができなかった充実感や報酬を得ることができます。...

more

知りたい仕事事情

subpage4

フリーランスはまとまった金額のギャランティが入ることもあれば、安価な仕事ばかりが回ってきたり、急に仕事がなくなることもしばしばです。1社だけとの仕事で程良く収入があったとしても、いつどうなるかは分からないので、基本的には3社と仕事を継続することをおすすめします。...

more